第40回初めて説明会をする人のセミナーテンプレートPart1「遠藤晃TV」


第40回初めて説明会をする人の
セミナーテンプレートpart1「遠藤晃TV」

=======================
■「遠藤晃TV」12月22日(火)年末特別放送!
視聴はコチラから(*^▽^*)
http://www.ustream.tv/channel/endou-akiratv
=======================

 

IMG_4447

 

初めて高額セミナーの説明会
プレセミナーをします。

いったいどのようにやったら
いいのでしょうか

教えて下さい。

という質問にお答えしたいと
思います。
3ヶ月1セットになっている連続講座
の養成塾を僕はこの5年間で45期以上
やっているわけですよ。

で、延べでいうと1000人以上のひとに集まって
もらっているわけですよ。


参加者がどのように集まってくれているのかというと、

基本的にプレセミナー、説明会をして
本講座に来てもらうということを
ずっとしているわけです。

だからセミナーを使ってお客さんを
獲得するというのが
ぼくは得意なんですけど、
まさにそれを地でやって
いるわけなんですよ。

 

今日はそのやり方の基本をみなさんと
探求してみようというわけなんですよね。

じゃ、どんなことをやっているんでしょうか
ということで初めて開催するひとのために
ベーシックな話だけど大事ということを話して
いきたいと思います。

一番最初に大事なのは

 

IMG_4448

 

テンプレート1
アイスブレイク

セミナー始まって何したらいいですかって
ことなんですけど、一番最初なんでね、
緊張している人も
いると思うのでまず最初ね、
アイスブレイクしましょうよ。

アイスブレイクなにかっていうと
セミナー前にひと盛り上がり
するイベントってことですよね。

セミナーの司会者がいてね、

「どうぞ始めます〜。」


って登場したとして、いきないり
「はいどうも〜」

ってしゃべれる人はいいんですけども、

たぶんなかなか難しいと思います。
なので適度なザワザワ感があった方
がいいじゃないですか。

お勧めなのは、
お互いに名刺交換をさせてもいいし、
隣近所でちょっとご挨拶してください、
というのもありだと思います。

もしくはセミナー始まる前に
黒板か何かに

「今日お集まりのみなさんで事前に
名刺交換しておいて下さい。」

と書いておけばみんな勝手に名刺交換とか
しはじめますから。

そうすると適度なザワザワ感が
得られるじゃないですか。

こういうのもいいし、
あなたが座っている人のところに行って
「こんにちは。今日講師やります。
私遠藤です。」

って言って
「今日何期待して来てくださっているんですか?」
って聞いてみるといいでうすよ。

そうすれば相手いろいろしゃべってくれますから。

「なるほどねー。」
なんていいながら
馴染んでいきますね。

グループで座ってもらったら
お隣近所で4人組になって
「今日何を得たいのか、その得たい目的を
みんなでしゃべってみて下さい。」

なんていうのもいいかもしれないですね。
そのようにしてまず場を暖めましょう。

あなた自身もちょっとリラックスして
みましょうかというのが冒頭部分ですよ。

じゃ、そのアイスブレイクが終わったら
次何をするかというと
僕だったらこれですよ。

 

IMG_4449

 

テンプレート2
自己紹介

一応自己紹介しましょう。
なぜかというと
全員があなたのファンばかり
集まってくれたらいいですが、

なかなかそんなことないですよね。
たまたま知って今日来てますって人もいるんですよ。

もしくは紹介できました。
正直ね、遠藤のことよく知りません、
あなたのことよく知らないんです。
という人も来るんですよ。

知らなくてよく来たなと思う時あるんですけど、

そういう場合もあります。
なので一応自己紹介はして
おきましょう。

で、自己紹介はどんな形が
いいかというといろんなパターンがあるかと
思いますけど、

一つは自分の成功しているところ、
いいところをつまんだダイジェスト版ね、
こういうのもいいと思います。

本を書いている人は本を書いていますよと
言ってもいいと思いますし、

いろんな得意技、得意分野をしゃべってみるの
もいいんじゃないでしょうか。

いずれにしろ、あなたのことが
よくわかる、よその人とは違うんだ
ここが差別化されているところなんだと、
わかるところを強調してしゃべっておきましょう。

 

これがテンプレートの2つ目
アイスブレイクして自己紹介して

だいたい場が温まってきましたと、
いよいよ本題に入って
いくのがこの後ですよ。


自己紹介が終わったら何を喋るかと
いうことですよ。
ぼくはこれを喋ります。

 

IMG_4451

 

テンプレート3
得られる価値

 

例えば僕の養成塾は、

NO.1セミナースター養成塾
NO.1コンサルタントスター養成塾
なんていうのをやっているんですけど、
自己紹介が終わって次に喋るのは
得られる価値です。


今回の養成塾で得られる価値はこれなんだと
先にしゃべっちゃう。

 

フレームワークというか
これから話を聞く人が聞きやすいように
結論これ!ってベネフィットを言っちゃうんですよ。


 

例えばコンサルタントスター養成塾は
今年収1000万円の人が年収3000万円を突き抜けるという
そういうテーマでやっています。


しかもマーケティングという能力に頼らずに
3000万円の壁を突破しますということです。

 

つまりお客さんに貢献すること
を通じて高い報酬、安定的な集客、長期顧問契約
を得るにはどうしたらいいか、それがわかるんですよ。

ということを最初にばちっと
言っておくといいです。

そうすると聞いている人はあっ
なるほどねと改めて思ってくれます。

 

得られる価値、その方法を先に喋ります。

 

そのフレームワーク
ができたら今度何をしゃべるかというと

 

どうしてぼくがそれを喋る資格があるのかと
いうことです。


Part2に続く

=======================
■「遠藤晃TV」12月22日(火)年末特別放送!
視聴はコチラから(*^▽^*)
http://www.ustream.tv/channel/endou-akiratv
=======================

 

 

関連記事

人気記事

サイト内検索

Pagetop