第39回お金のマインドセット貰う・使う・貯めるPart2 「遠藤晃TV」


第39回 遠藤晃TV 【 お金のマインドセット
貰う・使う・貯める 】part2

=======================
■「遠藤晃TV」12月22日(火)年末特別放送!
視聴はコチラから(*^▽^*)
http://www.ustream.tv/channel/endou-akiratv
=======================

報酬はポイントだと考える。

遠藤にとってお金ってどういうことなんですかって
よく言われたりするんですけど、

僕はどう考えているかというと
基本、報酬はポイントだと思っているんですよ。

特典みたいな感じ。

よくね、そんなに稼いでどうするんですかと
言う人いるんですよね。

もう十分でしょう。
とかっていう人いるんですよ。

で、僕はどう考えているかというと
簡単にいうとテレビゲ―ムだと思ってみて
下さいよ。

昔でいうとファミコンね。
なんかのゲームをやったときに
高得点をとること。

じゃなんで高得点とろうとするんですか。
そんなに一生懸命したってお金もらえないですよね。

そのポイントは換金されるわけじゃないですよね。
にもかかわらず、なんでそんなにたくさん
やってんですか?

それ理由は簡単で
おもしろいからやっています。

もう1つは何かというと
自分のレベルが上がっていくと
その成長を実感できるから
やっているわけですよね。

 

基本僕にとって仕事ってまさに
それなんですよ。

 

要は相手に貢献し、
それが評価としてポイントとして
もらえるのが僕にとっては報酬なんです。

 

で、そんな稼いでどうするんですかって
言う人ってどういう意味かというと

 

多分、お金ってどうしてもらうんですかって
いうのは何か物を買うためにもらうものだと

思っているんですね。

 

要は物欲とセットになっています。

 

だからそういう人は
お金を稼ぐマインドがそんなに
強くないんですよね。

 

僕にとってお金とは何かを買う
物欲とセットじゃないです。

 

目的目標の4観点という考え方があって
なんで働いているのかっていうと

 

IMG_4220

 

縦軸に有形無形
横軸に自己と他者

 

有形は目にみえるご褒美

 

無形は目にみえない心のご褒美

 

何のために働くか
自分と他人に対して

 

自分の目に見えるご褒美のために働くのは
物欲ですよ。

 

年収いくらになって
車を買える、家を買える、
家族で旅行に行ける
ここで頑張れる人もいるんです。

 

たしかに最初僕もそうでした
だけどそのあとどうなったかというと

 

僕が一生懸命やったら、

塾で先生をしていたころは
子どもたちが志望校に合格する、

成績があがるのが
とてもうれしかったです。

 

今でいえば僕が教えている人たちが
お客さんとれるようになるとか

成果がでるようになったのが

僕がとてもうれしかったわけです。

 

こういう成果がでればでるほど
なにがわかったかというと

自分の存在価値、自己の無形、
心のご褒美ね、自分の存在価値が

ありあり明白になって
僕にとってのやる気に
繋がったわけですよ。

 

この自己の無形、存在価値が
明確になるその1つの指標として
ポイントがたまればたまるほど

それがリアルに感じられた、
そのポイントがたまたま報酬、
お金であっただけですよ。

 

だから僕はここと結びついているから
ここがどんどん大きくなっていきますよね。

 

物欲とはちがいますよね。

 

一通り何か買ったら
もう満足という世界ではないですよ。
常に進化成長していく
そのプロセスに喜びを持っているわけですよ
ここまで行ったら合格ということはないですよ。

自分の成長の話だから。

もっと言ったら

社会貢献ということ。

僕だけじゃなくて僕が関わった人が
より大きな世界にたいして影響力を増していく。

そういうのをリアルに感じられるように
なるために僕は働いています。

物欲とは関係なくお金とは
ポイントであると捉えています。

 

IMG_4229

 

お金の法則
寂しがりやだから群れたがる

お金のマインドセット捉え方

あの人あんなに悪い人なのに
性格もひねくれていやなやつなのに
お金もうけしている、

私はいい人でお客さんのために働いて
いるのに私は選ばれないで
あんな性格悪い人が稼いでいる、

 

という人がいますよね。
これ危険ですね。

 

なんで危険かと言うと
自分がお金を稼いだときには
まわりからそう見られるんじゃないかと
無意識のうちに思っちゃう。

だからあんまりお金稼ぐのを
やめようと思っちゃう。

お金稼いだら悪い人だって言う風に
自分の中で繋がっちゃうから。

これとても危険です。

 

お金の法則として大事な事。

お金っていいとか悪いとかいう判断が
ないらしいんですよ。

 

これ僕がお世話になった社長がいって
いました。お金に善悪の評価はない。

お金は寂しがり屋だからたくさん集まって
いるところに集まる。

いい人だからお金もちになるとか
悪い人だからどうですよ
ということではないということを知っておくと

お金にたいする見方がかわるかもしれません
法則としてこんなのがあるようです。

 

IMG_4234

「お金」を好きになっていい

お世話になった社長から教えてもらったことで、
お金事体に意味はないということです。

お金は価値を表したものだから

紙幣そのものが大事なんじゃなくて
お金そのものを好きになることも重要です。

 

1万円札そのもの自体を好きになって
お金を大事にすると
そのお金をとっておこうと思うし、
ちゃんともっと増やそうと
思うらしいです。

 

お金が入ってきたらすぐ使っちゃう人って
いるじゃないですか

 

時計買ったりお洋服買ったり
もろもろ使ってしまう
その人はいつまでたっても
お金がたまらないです。

 

その人はお金が好きなんじゃないんですね。

 

お金が欲しいわけじゃなくて
お金は購買力だと思っています。

お金によって変えられる何かが欲しいって
人なんですね。

こういう人はなかなかお金がたまらないのかも
しれないのよね。

 

お金を使っちゃいけないと
言っているのではなくて、

 

お金は貯めなきゃいけない
といっているのではなくて

 

お金の法則の話で
こういう話を聞きました。

Part3に続く

=======================
■「遠藤晃TV」12月22日(火)年末特別放送!
視聴はコチラから(*^▽^*)
http://www.ustream.tv/channel/endou-akiratv
=======================

関連記事

人気記事

サイト内検索

Pagetop