「質問中心の研修講師養成講座」1月強化研修会


第40回チームNo.1名古屋強化研修会

今回の講師はチームNo.1のメンバーで
金沢で活躍される野原ひでお先生

 

なぜ講師があまり話さないのに
受講者のやる気と行動力が引き出されていくのか?

その研修の秘密は「質問中心」ということに
ありました。

「質問中心の研修」の特徴

①お客様の満足度が高いので契約が長く続きます。

②研修を進めながら企業さんの本質的な経営課題をより深くつかめます。

 

人のヤル気と行動力をグングン引き出す!
質問中心の研修講師養成講座【基礎編】
http://www.genkikigyou.com/article/15112685.html

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

野原先生が開催されている
質問中心の研修講師養成講座
のなかから

今回はチームNo.1のメンバー向けに

よりすぐりのエッセンスを
お話して下さいました。

野原先生は2000回以上企業で研修を
されています。

継続的にその会社に関わって成果をあげるためには
どうしたらいいかを思考錯誤されました。

その結果、辿り着いたのが研修を「質問中心にする」
ということでした。

「質問」は研修の場だけでなく、
その前の打ち合わせや、研修後の
成果確認の時でも効果的に使う事で
クライアントさんのニーズを的確に把握し、
問題解決の対策を立てることができます。

 

まず、


①研修前の社長さんとの打ち合わせで

研修は、社員さんの大切な時間を使い、
高額の費用がかかります。

発注者の社長さんに時間とお金を使った
甲斐があったと満足してもらう必要があります。

その為にまず、社長さんに質問をして
お困りごとを徹底的にヒアリングし、
社長さんの解決したい問題にピント
をあわせます。

ここでのピント合わせがとても大切です。

 

 

②研修の本番で

研修に参加している社員さんは
意識も経験もその人が持っている
スキルのレベルもばらばらです。

全員のレベルを少しあげるには
どうしたらいいかを考えた時、

それは講義ではなく
研修を「質問」中心にすることで
全員のレベルをあげることができました。

 

③トップレポートで

研修後改めて社長さんに会いに行き、
研修の成果を確認します。

そこで今回の研修について社長さんに
質問をすることで次の提案のヒントをもらえます。

 



どうして「質問」をすることで
効果を上げることができるのかというと

それは人が持っている特性に関係があります。

①人は教わりたくない、ダメだしされたくないと
思っています。

②承認されたり、ほめられたりするとさらに力を
発揮します。

③相手の「自主性」を自然に発揮しやすく
する方法が「質問」です。



また、「質問」中心の研修だと、
講師がその分野の知識をもってなくても
成果がでる研修をすることができます。

たとえば、野原先生は営業を
されたことがないのですが、

会社の営業力を上げて欲しいという
依頼がきました。

その時にどうしたかというと、

その会社には素晴らしい営業力を
持っている社員さんがおられるのに、

営業がうまく行っていない人に
そのやり方を伝えることが
できていませんでした。

そこで、野原先生は
「質問」中心の研修をして、

出来る人のスキルを出来ない人に
移す「場」を作りました。

そうすることで会社の営業力が
あがり、社長さんから感謝された
そうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ワークやグループでのシェアタイムもいっぱいの研修でした。)

 

最後に野原先生はご自分の
企業研修についての想いを話されました。

 

「私は自分を首にするために仕事をしています。

 

企業の研修講師は所詮外部の講師なので
いつか終わりがきます。

 

費用を払う社長さんからしたら
その終わりが早く来た方がいいです。

 

社員さん同士が話し合って自分たちで
課題を解決していく。

 

社員さんが自動的に動く自立型集団
作りのお手伝いをして

『自分たちでできるようになったから
野原さん、もういいよ。

ありがとう。』

と言われる状態になると
社長さんも研修費用を払わなくて
よくなるし、私も新しい
お客さんを探すことができて
お互いハッピーだと思っています。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

野原先生の穏やかなお人柄と
この想いにジンと来ました。

質問中心の研修に興味がある方は
ぜひこちらをご覧ください。

人のヤル気と行動力をグングン引き出す!
質問中心の研修講師養成講座【基礎編】
http://www.genkikigyou.com/article/15112685.html

関連記事

人気記事

サイト内検索

Pagetop